こまったこまった

住んでいる地域で大雨が続いてなんと三回も終日休講になってしまった。

朝起きて住んでいる地域に警報がでていることが分かると、起きたばかりのあほ頭の状態では二度寝ができてハッピーとしか思えないのだが、起きてすっきりした頭になって大学から「補講のお知らせ」などというメールがくると一気にいやーな気持ちになってしまう。補講、補講、補講……

補講のせいでせっかくの休日がつぶれてしまった。最低最悪である。

教授いわくあともう一回警報で休講になるとスケジュールが大変なことになるらしい。

いやもうすでに十分大変なんですけど……

私は昔からさぼり魔でいやなことは後回しの精神で生きてきたのだけど、ここ数年いろいろ自分の精神状態について考えるうえで、私にとって嫌な原因を後回しにすることこそが自分の首を絞めていることに気付いた。

だからできるだけ、目の前の問題はその都度その都度解決をしようと三か月間頑張ってきたのに、不可抗力的に目の前の問題を後回しにされている。めっちゃストレス!

でもいいんだもーん。明日は補講はあるけど友達と遊びに行くんだもーん。

 

話は変わるが、課題でレポートがとうとう出てしまった。

どないしよ。

何にも案が浮かばないので「わたしもうぢきだめになるわたしもうぢきだめになる」みたいな気分である。

 

 

広告を非表示にする