いろいろ!

女子大学生の日常,書評

7/3

「愛がなんだ」を観に行きたいと思っていたのに課題が忙しいのと,体調を崩して遠出する元気がなくなり,結局観に行かなかったのが最近いちばんの後悔。

したいと思ったことをすぐ行動できれば人生バラ色とってもすてきなのに,と思う。

暑さのせいか,遅れてきた五月病なのか,自堕落なのかなになのかわからないが,せいきんの私は何かをするのにかなり力が要る。

 

映画館に行かなかった代わりに家で映画を見た。

これもまた観たかったが観にいけなかった作品,「勝手にふるえてろ」。

 

勝手にふるえてろ

勝手にふるえてろ

 

 

細かなところがいちいち面白くて,主人公のヨシカに共感の嵐だった。

ニが絶妙に気持ち悪くて,こういう微妙ななんか浮かれててうざくてすべっててきもい男いるいる!と思った。

私も本命には振り向いてもらえないが,自分的には心底興味のない男に好かれるという経験はあるので,イチのなかでヨシカはなんでもない存在だったということを突き付けられたシーンでは我がことのように胸が痛んだ。

ニもいいやつだと思うが,付き合いたくはない。キメ顔をしたり,デートで釣りに連れて行ったりはかわいいとおもったが,リップクリームをぬりぬりしているシーンは本当に気持ち悪い。俳優さんの演技がうますぎるのだと思う。

最後にヨシカはニと付き合うこと(?)になったがこれには少し不満。ヨシカは自分の趣味がはっきりしていて自分の世界がはっきりある人なので,他者とコミュニケーションをとるようになるのはいいことだと思ったけれど,わざわざニと付き合うまでいかなくてもいいんではないか。ニとは友達関係だけでいいじゃんー。

 

最初は一人で見ていたのだが,気付くと母親が隣で見ていて,ヨシカのいわゆるこじらせているシーンでわかるわーうんうんと相槌をうっていた。

母もヨシカタイプの女の子だったのかもしれない。

 

6/25

暑い毎日である。

へとへとになりながら毎日生きている。

大学,早起き,課題,バイト,サークル,休みがない。

私は数年前まで文化的な自分に酔っていて好きだったのだが,最近は映画も見れない本も読めないなにも専門以外は知識になっていない状態で歯がゆい。

今から,課題をやらなくてはいけない。それをやったら友達へのプレゼントを包装して,そうしたら寝る準備をしなくてはいけない。

ああ,大変。

 

6/2

もう六月である。はやい。

最近あったことをつらつらと書く。

 

大学が忙しい。3年生になったから当たり前なのだが,今までよりも忙しくなった。レポートがたくさんある。

卒業研究で何をするかもだいたい決めた。やりたいことだったので,その分野の論文を読み,もう少し掘り下げていく。

 

読書も久しぶりにした。 

ツリーハウス (文春文庫)

ツリーハウス (文春文庫)

 

 母親の本棚から物色して見つけたが面白かった。電車の中で前のめりになって読んだ。角田光代大先生の本は今まで読んだことがあるのかないのか分からない(たぶんあると思うけど)が,さすが人気の作家なだけあって面白いなという月並みな感想。

 

すべて真夜中の恋人たち (講談社文庫)
 

 もう一つ母親の本棚から拝借した本。こちらは角田光代が面白すぎてかすんでしまった。たぶん引きこもっていた3年前なら面白かったと思う。最近は気が強くなりすぎて,こういった性格の主人公に共感が出来なくなってしまった。

 

平日が忙しい反面,休日はダラダラしてばかりなのでもう少し自分を律していきたいとおもう。

就活にむけて,勉強をしなくては。

 

5/15

春も終わりかけ,夏の予感を感じさせるさわやかな風が吹く季節になりました。みなさま,いかがお過ごしでしょうか。私は近日,衝撃を受ける出来事に遭遇したしまして,それ付随して私に対して行われた友人の心ない行動にに心を痛め,また,普通に風邪もひき,心身ともにダウンしております。

 

以前,思わせぶりな行動をされ,この人私の事好きなんじゃないの♡と期待に(薄っぺらい)胸を膨らませたイケメンの殿方に彼女が出来た報告をされ,へこんだという話はブログに書いたと思われますが(たぶん),それの続き話を今回はしようと思います。

告白したわけではないけれどだまし討ちを受け特殊詐欺にあったような被害妄想に取りつかれた私はそのあと,友達Aに彼女のいない普通の殿方を紹介してくれと頼んだわけです。

そこで友達Aの友達である一人の男を紹介されました。

ソイツは第一印象はすてきでしたが,ラインの文章がへたくそというか,会話がかみ合わないところがあんまりよくなく,正直好きになれそうだけど違和感がたくさんある人でした。服装はおしゃれで,顔は普通,雰囲気はさわやかでしたが,ところどころ胡散臭い自己啓発的なことをいったり,意識高い系のことを口走るのがあまり好きではありませんでした(なんか変なブロガーみたいな)。好きになりそうになれないし,いいなと思うことがあってもどこか気乗りしませんした。

しかし負けず嫌いなな私は一旦紹介されたからには,こいつを絶対落としてやると思い(何故……)数回彼と遊びました。遊んだはいいけれど,会った後はいつも空虚な気持ちが残っていました。なんかよく分からないやつだなと思ったまま,ラインだけはずっと続けていました。

不毛なラインを続けること数か月,そいつと同じサークルの友達Bからそいつに彼女が出来た話を聞きました。つい最近まで思わせぶりな行動・連絡をされていたのに,なんとそいつは彼女が出来ていたのです!

わ~お……

好きじゃないのでとうぜんですが,彼女が出来た話を聞いてもこれっぽっちも悲しい気持ちになりませんでした。詳しく話を聞くと,出会って十日で彼は告白をし,出会って一か月もたっていないのにもうお泊りを数回しているらしいです。わ~お……

彼のことをうさんくさいと思って違和感のぬぐえなかった理由の一つに,出会ったばかりのときに旅行にさそわれたり,門限があるのか,お泊りが出来るのかと聞かれたことが理由としてあったことを思い出しました。

うーん,なんで私は好きでもない人と,これから好きになれるとも思ってなかったのに,違和感が半端なかったのに,意地を張っていたのだろうかと無駄な時間を過ごしたことを反省しました。

今回の教訓:負けず嫌いはほどほどに

 

ここまでが衝撃を受けた話なのですが,悲しい話はここからです。

彼女が出来た話を聞いても正直ほんま,これっぽっちも悲しい気持ちにならなかったのですが,(嘘じゃなくて,マジ)友人Aにこの話をしたところ,あおられるような言動をされました。傷ついていないから,まあ傷が抉られるということはないけどそれってこのタイミングで私に言うことなのか???ということばかり言われ,そっちのほうに心が痛みました。

私に降りかかった不幸(?)がうれしいのか楽しいのかわからないけどどうもそう感じている印象を受けます。

なんだかなあと,もやもや。人の不幸が蜜の味とは言いますが,友達の不幸も蜜の味なのね……と。距離をとろうと思いました。

今回の教訓:だるい奴からは離れるべし

 

 

4/28

大学が始まるとばったりブログを書かなくなる。


3年生が始まりいい日々を送っている(たぶん)

いまは10連休であるが、ほぼバイトで予定は埋まっている。

どんなバイトかというと短期のバイトである。

労働とは苦しいものだと、前職のブラックバイトで学んだが、今のバイトはものすごくいい環境で働いているので楽しい。

いいことである。


3年生になりゼミが始まり、そちらは大変である。またこれについてもブログを書きたいと思う。



3/31

3月が終わる。

大学二年生も今日で終わり。

 

大学二年生,非常に非常に非常に成績が良くてうれしかった。なんと平均点93点!すごくないですか!(しかし友達と話してたら友達は私の更に上の平均点95点!すご!)

 

ゼミ配属もきまった。無事に第一希望に配属された。課題が出たが不明点があったので教授に問い合わせるとすごく丁寧な返事をもらえ,これもまたうれしい。

 

バイトも決まった。4月から働く。今のところ前回のバイトとは違って,きちんとマニュアル化されていてブラック感はない。次のバイトは塾講師。頑張りたい。

 

ニキビも少なくなった。下地を変えたおかげか,クレンジングを変えたからか,はたまた休み期間でメイクをしなかったからか,なぜなのかは分からないが。

 

色々と変わっていくことは多いが,いい方向に向かっていっている(と言い聞かせている)。

また忙しい日々が始まるが,頑張りたい。

3/24

ブログを書いていない間にいろいろなことがあった。

 

・気になっている人にお土産を貰う。うれしいはずだが,なぜか急激にその人への興味が失せてしまう。

・ボランティア活動を行う。他校の人と仲良くなり,自分のコミュ力が高いという錯覚に陥る。

・大学の卒業式があり先輩と別れる。そのせいでセンチメンタルな気分になり,大学生活残り二年間でなにができるのかなどを考える。

・塾講師のバイトに応募。結果待ちだが,試験のテストがあり数学がボロボロだったのでおそらく落ちたのではないかと思い精神を病む。

・映画タイピストを視聴し,キーボードのタイピング速度を上げたいと思う 

タイピスト!(字幕版)

タイピスト!(字幕版)

 

・アプリゲームに二年ぶりにはまる。

 

このようにおおむねひまな春休みを謳歌している。

春休みも残り一週間。課題はまだ終わっていないのでしなくてはいけない。